ご挨拶

 

 行政書士北浜合同事務所のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 当事務所は行政書士事務所として、現在は「産業廃棄物に係る許可申請」を中心に業務を行っております。
事務所開設以来、行政書士として様々な許可申請を業務として行って参りましたが、おかげさまで産業廃棄物に係る許可申請を数多く経験させて頂き、現在では 産業廃棄物関連を専門としております。日々業務をこなす事により、地球環境の保全が声高に叫ばれる現在の世の中で、資源循環に寄与する「リサイクル」とい う世界で微力ながらもその一翼を担えるのではないかと考えております。

 この点、行政書士の業務は、行政書士法によると「官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること」が主な業務であると規定されています。
もちろん、許可申請手続きを進めることが業務の中心であることには違いありませんが、当事務所では皆さまが事業で行う上でお困りになっていることに能力の 及ぶ範囲で広く対応させて頂きたいと考えております。当然、ご相談頂いてもお役に立てないことはたくさんあると思います。それでも、出来る限りの努力はし ていきたいと思います。まずはお気軽にご相談下さい。

 

 今後とも、お依頼を頂く方、そして社会にとって、価値ある事務所であり続けるために、たゆまぬ努力を続けてまいりたいと存じます。
 皆さまのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

事務所代表  行政書士 池口和広


事務所代表の紹介


 

池口和広 


 生年月日:1970年10月16日

 

出身地:大阪市北区

 

最終学歴:神戸大学 経済学部

 

趣味:読書、野球観戦

 

これまで

大学時代は演劇部に所属し、演劇に明け暮れていました。役者から裏方まで、何でもやりました。ウルトラマンの着ぐるみで舞台に立ったこともあります。

おかげで、ちょっとだけ長く大学に留まることになりましたが・・・

 

大学では経済地理学を専攻していたということもあり、大学卒業後は東京の不動産開発会社に勤めました。晩年は、千葉のゴルフ場や住宅用地の開発を担当しました。時期になるとホタルも見ることができて、色々と経験させてもらいました。

最後まで、関西弁が抜けませんでしたが・・・

 

大阪に帰って来て、2004年12月に行政書士事務所を開設しました。

事務所名の「北浜」は、最初に事務所を構えたのが「北浜」駅の近所ということに由来しています。この北浜界隈は、江戸時代の頃から米市場や金相場会所があり、現在では大阪証券取引所があります。

 

2008年秋、現在の場所(堺筋本町)に事務所を移しました。

周辺は繊維関係の会社が多く、当事務所も紡績組合が保有するレトロな建物の1階です。天井が高くて、非常に気に入っています。

 

2011年、一級建築士事務所を併設しました。廃棄物処理場関係の仕事は建築の分野に絡むことも多く、その事務所と連携しながら業務を進めています。